ISMS基本方針

ISMS BASIC POLICY

当社の情報資産をあらゆる脅威から守り、機密性、完全性、可用性を確保、維持し、事業継続を確実にするために以下の基本方針をもって活動する。


  • 1.情報セキュリティ管理体制を確立し、社内規定を定めて全社員に教育・啓蒙を行い、その遵守徹底を図る。
  • 2.当社の情報資産を事故、過失、犯罪、災害などのすべての脅威から適切に保護する。
  • 3.個人情報の保護に関する法律を始めとした法令を順守する。
  • 4.情報セキュリティに関する事象が発生した場合には、迅速に原因究明と対策を実施し、その影響を最小限とするよう努める。

平成22年10月1日
日本ソフトウエア株式会社
代表取締役 松田 忠夫

ページトップへ戻る